セミナー情報
セミナー情報

2021.05.26【セミナー】無理なく楽しく健康に ~3B体操でココロもカラダもしなやかに~

2021年05月24日(月)

厚生労働省生涯現役促進地域連携事業 高年齢者向け 第1回 プロボノセミナー

無理なく楽しく健康に
~3B体操でココロもカラダもしなやかに~

お忙しい方も、運動が苦手な方も、無理なく、簡単に楽しめる健康体操を体験してください。

3B体操とは?
ボール、ベル、ベルターの3つの用具を使い、音楽に合わせて楽しく病気やけがをしない体づくりができる健康体操です。

●日時:5月26日(水)13:30〜15:00

●会場:幸田町シニア・シルバー世代サポートセンター

幸田町大字坂崎字道坂27-1
●参加費:無料

●講師:宮本 佳奈子
滋賀県大津市出身、幸田町在住。自身の体力向上のために3B体操を始め、2017年公益社団法人日本3B体操協会公認指導者に。現在、幸田町、岡崎市、安城市を中心に、30代~40代女性の為の体操教室や親子ふれあい教室などで指導者として活動中。

●お問い合わせ・申し込み
幸田町シニア・シルバー世代サポートセンター(幸田町シニア・シルバー世代サポート推進協議会事務局)
愛知県額田郡幸田町大字坂崎字道坂27-1
業務時間:月曜日から金曜日 午前8時30分〜午後5時15分(土日祝日休み)
TEL:0564-73-0050

セミナーレポート(報告)

無理なく続けられることが大切

今回は健康を考えるセミナーということで「3B体操」というもののご紹介と体験でした。講師には全国に30万人以上の受講者を持つ公益社団法人日本3B体操協会の公認指導者である宮本佳奈子さんをお招きしました。
3B体操とは、使用するボール、ベルター、ベルという3つの用具の頭文字を取ったものです。子どもからシルバーまで、一緒に楽しめるのが特徴です。高年齢者の健康について、宮本さんは「平均寿命がどれだけ伸びても、健康寿命が縮んでしまったら意味がない。なるべく若いうちから体を健康に維持する術を身につけておくとよい」と言います。


宮本さんは30代半ばに出産後の体調不良に悩まされていたそうです。「母親が私と同じ歳の頃に始めた3B体操が今なお続けていられることを知り、私もそういう歳になったのかなと思ってやってみたら元気になった。音楽に合わせて行う3B体操には遊びの要素が盛り込まれており、運動が苦手でも障がいがあっても無理なく楽しんでいただける」そうで、やはり続けることが重要なようです。
生活習慣病にならないための有酸素性運動、けがをしないための柔軟な体づくり、認知機能を改善する運動なども含まれているので、高年齢者に適していると言えるでしょう。「老化による運動器の衰えで身体機能が低下する「ロコモティブシンドローム」に陥らないためには40歳を過ぎたら対策を始めるのが良いでしょう」とのことです。
実習では、お腹をへこませたまま呼吸する「ドローイン」、ベルを使った体操を体験しました。

厚労省委託 生涯現役促進地域連携事業 幸田町シニア・シルバー世代 サポート推進協議会 厚労省委託 生涯現役促進地域連携事業 幸田町シニア・シルバー世代 サポート推進協議会

TEL (0564)73-0050
FAX (0564)73-0051

事務局開業時間月曜日〜金曜日 8:30〜17:15(土日祝日、12月29日から1月3日はお休み)

事務局
〒444-0104
愛知県額田郡幸田町大字坂崎字道坂27-1