セミナー情報

2022.06.28【セミナー】食養生(しょくようじょう)で健康寿命の延伸

2022年05月11日(水)

社会参加啓発セミナー

食養生(しょくようじょう)で健康寿命の延伸

食養生とは健康保持や体質改善のため、栄養を考えた食事をとったり節制したりすることです。
季節や体質・体調に合わせ、薬膳の考え方や漢方の力による食材・調理法により効果的に身体を改善していくことができます。
日頃の食事をひと工夫して健康を増進させるお話をします。

日時:令和4年6月28日(火) 午後2時00分~2時30分
講師:一般社団法人五色ダイエット協会 理事長 伊藤 あずさ
会場:幸田町岩堀公民館
額田郡幸田町菱池字毘沙門1-1

お申し込みはこちらのフォームから:
参加申し込みフォーム

問い合わせはお電話にて:
TEL:0564-73-0050

幸田町シニア・シルバー世代サポートセンター
(幸田町シニア・シルバー世代サポート推進協議会事務局)
愛知県額田郡幸田町大字坂崎字道坂27-1
業務時間:月曜日から金曜日 午前8時30分〜午後5時15分(土日祝日休み)

セミナーレポート(報告)

1日の食事で5色の食材をバランス良く摂取して

高年齢者の大きな関心は「健康」です。誰もがいつまでも健康でいたいと思っているのではないでしょうか?しかしながら健康に関する情報やノウハウが氾濫しているということは、「どうすれば健康を維持できるのか」ということに明確な答えを持っている方は意外に少ないのかもしれません。また、「ダイエット」についても関心が高く、過度な食事制限をしないでダイエットをしたいと思っている方も多いと思います。

今回、講師にお招きしたのは一般社団法人五色ダイエット協会理事長の伊藤あずささんです。漢方や食養生に明るく、普段はダイエットアドバイザーなどをされています。食養生の観点からの健康維持とダイエットについてお話を伺いました。

伊藤さんは「食材は5つの色で分類できる。1日の食事で5色の食材をバランス良く摂取すると良い」と言います。「それぞれの色が臓器と結びついている。血液検査もない大昔は、体の端々に現れる兆候と食との関連を考えた。体からのサインを見逃さないようにしたい」として、「気になる症状が現れた時、不足している食材を補うようにして欲しい」と、色と症状の関係をいくつかの具体的な例を挙げてアドバイスしてくれました。

食材についても「例えば、芋類はじゃがいもでもさつまいもでも『黄色の食材』になるが、こんにゃくも芋からできているので黄色になる」というように食材の分類も表にしていただきました。参加者からは「具体的でわかりやすかった」との声が聞かれました。

幸田町内には区ごとにいきいき会があり、今回は岩堀区の皆さんの集まりにお邪魔しましたが、当センターとしては今後も、皆さんの要望に沿えるセミナーを企画して会場に出向いて、セミナーを実施したいと思っていますのでよろしくお願いいたします。

厚労省委託 生涯現役促進地域連携事業 幸田町シニア・シルバー世代 サポート推進協議会 厚労省委託 生涯現役促進地域連携事業 幸田町シニア・シルバー世代 サポート推進協議会

TEL (0564)73-0050
FAX (0564)73-0051

事務局開業時間月曜日〜金曜日 8:30〜17:15(土日祝日、12月29日から1月3日はお休み)

事務局
〒444-0104
愛知県額田郡幸田町大字坂崎字道坂27-1